【スポンサーリンク】

マーチン・ゴータット ウィザーズ残留の理由を語る

マーチン・ゴータット

マイアミ・ヒートなどが獲得に興味を示す中、マーチン・ゴータットはワシントン・ウィザーズ残留を決断した。

この理由についてメディアに出演したゴータットが語っている。

「この街が好きだし、チームも好きなんだ。本当に快適だしね。チームには移籍した初日からいろいろ助けてもらってるよ。俺とジョン・ウォールのケミストリーも大好きだ」

「ブラッドリー・ビールはいつかすごいプレイヤーになると思う。ランディ(・ウィットマン)HCも俺を信頼してくれてるんだ。彼とは素晴らしい関係を築けてると思うよ」

「(残留の)決断は本当に簡単だった。あと4、5年もすれば俺らはスペシャルなチームになる」

「(移籍が噂されている)トレバー(・アリーザ)は俺らが成功するために欠かせない選手。彼には戻ってきてもらいたいね。俺らは彼を愛してるんだ。帰ってきてもらいたいよ。アーニー(・グランフェルド)社長とトミー・シェパードなら正しいことをしてくれるはずさ」

「ネネは健康な状態でい続けなきゃね。彼の出場時間を制限するのもひとつの手だし、彼が健康なら俺らにとって大きいよ」

「来年、俺らはもっと良いチームになれると信じてる。俺やドリュー・グッデン、アンドレ・ミラーのように、シーズン途中から加わった選手もいる。みんなもっと良いチームになれるって信じてるんだ」

ゴータットのワシントン愛は大きい。

ベテランと若手が融合しつつあるウィザーズが、来季どこまで成績を伸ばしてくるのか注目したい。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA