【スポンサーリンク】

ウィザーズ ポール・ピアース獲得も狙いは2年後のケビン・デュラントか?

ケビン・デュラント

レブロン・ジェイムスはマイアミ・ヒートを去り、故郷が近いクリーヴランド・キャバリアーズへの復帰を決断した。

これは、ワシントン・ウィザーズにとってひとつの希望と言えるかもしれない。

なぜなら、2年後にはNBAを代表するもうひとりのスーパースター、ケビン・デュラントがFAとなるが、デュラントはワシントン出身なのだ。

ポール・ピアースのサプライズ契約に沸くワシントンだが、ピアースとの契約は2年。

つまり、デュラントがFAとなる頃にピアースの契約は切れることになる。

また、2013-14シーズンにブレイクしたトレバー・アリーザは、ヒューストン・ロケッツとの4年契約に合意。
ウィザーズはアリーザの残留を希望していたようだが、情報筋によるとアリーザが1000万ドルの契約金を求めたため、残留を見送ったという。

サラリーキャップに余裕を持ちたかったウィザーズの目的は、おそらく2年後にFAとなるデュラント獲得だろう。

憶測に過ぎないが、ウィザーズがデイビッド・アドキンスをアシスタントコーチとして迎え入れた点も興味深いところだ。

アドキンスはハイスクールでデュラントをコーチしており、恩師がいるチームにならデュラントも興味を示すかもしれない。

まだまだ先の話だが、状況から見るとウィザーズがデュラントを狙っているのはほぼ間違いないと言えそうだ。

K・デュラント ハイライト動画

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By trevor

    durantはさておき、
    Ariza側がWIZに高額オファーを要求したのが事実なら
    全て彼の「エージェント」の欲でしかない。

    • By nba-sweetdays

      コメントありがとうございます(^_^)

      あー、そういう見方はしていませんでした!
      そうですよね!勉強になりますm(_ _)m

*

CAPTCHA