【スポンサーリンク】

マット・バーンズ ドナルド・スターリング問題でボイコットを示唆

マット・バーンズ

ロサンゼルス・クリッパーズのオーナーは、未だにドナルド・スターリングだ。

スターリングを排除するために、NBAはできる限りの手を尽くしてきたのだが、問題の解決は法廷へ持ち込まれている。

このままの状況が続くようなら、クリッパーズはスターリング体制のまま来季開幕を迎えてしまうことになりかねない。

スターリング体制が続くなら、ドック・リバースはチームを去り、クリス・ポールはボイコットする意思を示している。

そして、ポールに続き、マット・バーンズもボイコットに意思を明らかにした。

スターリング体制継続でボイコットするかどうか聞かれたバーンズは、次のようにコメント。

「そうすると思う。プレイオフの中盤では、そうする(ボイコット)直前までいったんだ」

プレイオフ中にボイコットするということは、NBAと選手に対する不信感が生まれる可能性があるため、思いとどまったのは正解だろう。

だが、シーズン前に宣言することは、NBAや選手に対する不信感が生まれる可能性は極めて低いため、バーンズの発言はより現実的と言えるかもしれない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA