アンドリュー・ウィギンス「レブロンとはまだ話してない」

【PR】

アンドリュー・ウィギンス

レブロン・ジェイムスがクリーヴランド・キャバリアーズに復帰して以来、ドラフト1位ルーキーのアンドリュー・ウィギンスはまだジェイムスと言葉を交わしていないという。

「彼は(ジェイムス)忙しいからね。俺も忙しいし、彼も忙しいんだ」

そう話すウィギンスだが、巷ではミネソタ・ティンバーウルブズへのトレードが噂されている。

ウルブズのオーナーが、ケビン・ラブのトレード成立日について「23日か24日」と発言したが、ウィギンスは日本時間7月25日にキャブスと契約したため、NBAの規約上、契約後30日間はトレード対象とならない。

つまり、日付からみても、ウルブズのオーナーの発言は暗にラブとウィギンスのトレードを意味していると捉えることができる。

もし現時点でジェイムスが、
「君(ウィギンス)と一緒にプレイするのが待ちきれないよ」
なとど発言したら、さらにややこしくなってしまうだろう。

したがって、ジェイムスがウィギンスに声をかけないのも当然のことだ。

ほぼ確定的とも言われているウィギンスのトレードだが、今年のドラフト指名選手の中でも屈指の身体能力を誇るウィギンス、そしてザック・ラビーンを擁するであろうウルブズは、これまでにないアグレッシブなオフェンスを見せてくれるかもしれない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】