ケビン・ラブ キャブスと5年契約か!?

【スポンサーリンク】

ケビン・ラブ

先日、クリーヴランド・キャバリアーズとミネソタ・ティンバーウルブズの間でケビン・ラブを含むトレードが実質上合意に至ったと報じられた。

当時は詳細について明らかにされていなかったが、その全貌が徐々に明らかになりつつあるようだ。

なお、このトレードにはドラフト1位ルーキーのアンドリュー・ウィギンスも含まれているため、NBAの規約上、日本時間8月24日まで正式に成立することはない。

情報筋によると、キャブスはラブを獲得する代わりに、ウィギンスとアンソニー・ベネット、2014年のドラフト1位指名権を放出するという。

また、2015年にFAとなるラブだが、FAとなる権利を破棄し、5年1億2000万ドル以上で延長契約を結ぶことが条件となっている模様。

このトレードが正式に成立すれば、レブロン・ジェイムス、カイリー・アービング、そしてラブという新たなビッグ3擁するキャブスが、今後数年イースタン・カンファレンスを支配する可能性が高い。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 名無し

    レブロンに引っ張ってもらって若い力を育てて
    将来強いチームにしていくものと思ってた
    ウィギンス出してラブ取るって
    ヒートとやってること変わらんやんけ
    なんも面白くなくなったわ

    いくらキャップが上昇するとはいえ
    サラリー完全に終わりじゃん 
    1年チームを成長、円熟させてから
    C獲って勝負かければよかったのに

    • By nba-sweetdays

      コメントありがとうございます(^_^)

      同感です。ウィギンスは出して欲しくなかったですね。
      もうビッグ3という言葉にもお腹いっぱいです・・・

*

CAPTCHA