チームUSA 対ブラジル代表とのエキシビションマッチで圧勝!

【スポンサーリンク】

デリック・ローズ

シカゴ・ブルズのホーム、ユナイテッドセンターに、ついにデリック・ローズが帰ってきた。

日本時間17日に行われたチームUSA対ブラジル代表チームとのエキシビションマッチは、95-78でチームUSAが圧勝。
スペインで開催されるFIBAバスケットボール・ワールドカップへ向け、良いスタートを切った。

この試合で先発起用されたのは、ローズ、ステフェン・カリーアンソニー・デイビス、ジェイムス・ハーデン、ケネス・フェリードの5人。
ローズは序盤、試合勘が鈍っているのか、本来のプレイを見せることができなかった。
相手チームの腕が顔面を直撃し、瞼を切って一時ロッカールームへ戻るアクシデントもあったが、後半に入るといつもの爆発的なクロスオーバーをを披露。
約24分の出場で7得点、2アシスト、4リバウンド、3ターンオーバーという結果に終わったローズは、次のように話している。

「長い間、これに備えてたんだ。これが2週間前だったら、多分感情的になってたと思うよ。でも今は良い感じ。俺らが勝ったしね」

また、シカゴ・ブルズのヘッドコーチでチームUSAのアシスタントコーチを務めるトム・ティボドーは、
「多分、彼はサビを振り落としてるんだと思う。でも爆発力は戻ってたね」
と評価した。

豪華な顔ぶれが揃う中、このエキシビションマッチのMVPを選ぶとしたら、間違いなくアンソニー・デイビスだ。

ゲームハイの20得点、8リバウンド、5ブロックショットを記録したデイビスは、アリウープダンクやミドルショットなど、チームUSAの核となっていた。

インサイドが弱いと言われているチームUSAだが、デイビスのパフォーマンスは世界のビッグセンターを相手にしても決して引けを取ることはないだろう。

ローズは、デイビスについて次のように称賛している。

「アント(デイビスの愛称)はすごいヤツだよ。ブロックショットやリバウンド、ボールへの執着心は、俺らに必要なものだ」

なお、膝を負傷したデマーカス・カズンズのほか、ダマー・デローザン、アンドレ・ドラモンド、ゴードン・ヘイワードはコーチの決定により出場していない。

ワールドカップが開幕するまで、チームUSAは日本時間21日にドミニカ共和国代表チームと、23日にプエルトリコ代表チームと、27日にスロベニア代表チームとエキシビションマッチを戦う予定だ。

ブラジルvsチームUSA
1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
ブラジル 15 22 26 15 78
USA 29 16 23 27 95
ブラジルvsチームUSA ハイライト動画

⇒全スタッツはこちら(NBA.com)

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA