ステフェン・カリー ウェイトレスに21歳未満と思われる

【スポンサーリンク】

ステフェン・カリー

NBA有数のベイビーフェイスを持つステフェン・カリーがレストランを訪れた際、ウェイトレスに21歳未満と思われ、アルコールを出してもらえなかったと報じられた。

バスケットボールの世界において、オールスターやチームUSAにも選出されているカリーの名前と顔を知らない者はいない。

だが、バスケットボールの外となるとそうもいかないようだ。

当時の状況について、カリーは次のように話している。

「その出来事は、家から15分のところにあるピザキッチンで起こった。シーズンが終わった後に妻と夕食に出かけたんだ。娘はベビーシッターに任せてたから、妻と二人でね。ビールを頼んだんだけど、IDを車に置いたままにしててさ。でも、彼女(ウェイトレス)は俺の顔を知ってると思ったから」

「ウェイトレスに(年齢を)聞かれたけど、IDを持ってなかったからね。彼女には『マネージャーを呼んできてくれないか?』って言ったよ。マネージャーが俺を知ってることを期待してさ。彼は俺のことを知っててくれたよ」

「彼女には俺が21歳以上には見えなかったんだろうね。俺のことを知らかなったみたいだし」

先日はレジェンドのアレン・アイバーソンも、有名人であることに気付かれないまま写真撮影に応じていたが、NBAトップクラスの選手といえど、知名度は100R%ではないようだ。

なお、アメリカのほとんどの州において、飲酒は21歳から認められている。

ちなみに、カリー夫妻はこのレストランでピザとビールを楽しんだようだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA