チームUSA ドミニカ代表を40点差以上で圧倒!

【スポンサーリンク】

ダマー・デローザン

日本時間21日行われたチームUSA対ドミニカ共和国代表チームのエキシビションマッチは、チームUSAが105-62と40点差以上をつけて圧勝した。

先日の対ブラジル戦では出場できなかったダマー・デローザンが13得点、チームUSAに追加招集されたルティ・ゲイも13得点、先発出場したカイリー・アービングとジェイムス・ハーデンがそれぞれ12得点を記録。
FIBAバスケットボール・ワールドカップが開幕するまでに現在のロスター16名を12名まで減らさなければならないが、デローザンとゲイが素晴らしい得点能力を披露したことで、ロスター選考がさらに難しくなりそうだ。

約16分の出場で12得点、5アシスト、4リバウンドを記録したアービングは、トレーニングキャンプとエキシビションマッチを振り返り、次のように話している。

「俺らは素晴らしい日々を過ごせていると思う。コートの端から端までしっかりプレイしたかったんだけど、今夜の俺らはそれができてたと思うよ」

また、チームUSAの指揮を執るマイク・シャシェスフキーHCは、
「数人の選手に『今日はプレイしない』って伝えたよ。だから、選手の出場時間を伸ばすことができた。我々はまだチームを評価している段階なんだ」
とコメント。

16分の出場で12得点、4アシストを記録したハーデンは、
「最初からうまくプレイすることができたよ。ハードにプレイできた。どのゲームでもプレッシャーはあるけど、ここ2試合はみんな素晴らしいプレイをしてるんじゃないかな」
と話している。

なお、デリック・ローズは大事をとって出場していない。
シャシェスフキーHCとトム・ティボドーHCによると、あくまで大事をとって休ませたのであり、膝の状態は決して悪くないと伝えているようだ。

チームUSAは日本時間27日、スロベニア代表チームとFIBAバスケットボール・ワールドカップ前最後のエキシビションマッチを予定しており、その後スペインへ旅立つ。

ブラジルvsチームUSA
1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
ドミニカ 17 14 14 17 62
USA 28 25 27 25 105
ドミニカvsチームUSA ハイライト動画

⇒全スタッツはこちら(NBA.com)

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA