ジョエル・エンビード MVP受賞を宣言する

【スポンサーリンク】

ジョエル・エンビード

足を手術したジョエル・エンビードは、復帰までに9カ月程度かかると見られている。

高いポテンシャルを秘めるエンビードは、順調に成長することができればNBAトッププレイヤーとして君臨するだろう。

エンビード本人もそれを自覚しており、TwitterでMVPの受賞を誓った。

エンビードが発表した内容によると、将来的なMVPレースでレブロン・ジェイムス、コービー・ブライアントらスター選手を抑え、エンビードがトップに輝いている。

ブライアントが掲載されているということは、ここ数年のうちにMVPを獲るつもりなのだろう。

ただ、ケビン・デュラントなど数人の選手がエンビードのMVPリストに入っていないのが気になるところ。

Twitterで世間に笑いを届けているエンビードだが、Twitter上では間違いなくMVPだ。

なお、キム・カーダシアンやリアーナら著名な女性にTwitterでアタックしていたエンビードは、Twitterが炎上したことにより、
「数週間ツイートしない。もうツイートするエネルギーが残ってないんだ」
と投稿。

その4日後にはツイートを再開しており、アタックしていた有名女性から、
「オールスターになってから来てね」
と言われたことを明かしている。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA