ジードルナス・イルガスカス NBA復帰にチャレンジか?

【スポンサーリンク】

ジードルナス・イルガスカス

長年にわたってクリーヴランド・キャバリアーズで活躍し、背番号11が永久欠番にもなったジードルナス・イルガスカスが、NBA復帰を狙っていると報じられた。

レブロン・ジェイムスがマイアミ・ヒートへ移籍後、キャリア終盤のイルガスカスもNBAタイトルを求めてヒートへ移籍。
プレイオフでダラス・マーベリックスに敗れたため、タイトルを獲得しないままNBAを引退したイルガスカスだが、引退してから3年になる。

39歳という年齢が懸念されるものの、NBA復帰の可能性がないわけではない。

ボストン・セルティックスで1963年までプレイしていたレジェンド、ボブ・クージーは、その後6年を経て、41歳という年齢でシンシナティ・ロイヤルズでNBAに復帰。
7試合のみの出場で再びNBAを引退することとなったが、クージーの前例を見ると、イルガスカスにもチャンスがあるように思える。

また、マイケル・ジョーダンは38歳の時にワシントン・ウィザーズでNBA復帰、ラシード・ウォーレスも38歳の時にニューヨーク・ニックスでNBA復帰を果たしたのだ。

イルガスカスがNBAに復帰する場合、タイトル獲得を狙える、そしてかつてのチームメイトでもあるジェイムスが所属するキャブスとなる可能性が高い。

ただ、イルガスカスとジェイムスが一緒にプレイする姿を見たいと願うキャブスファンも多いかもしれないが、キャブスにメリットがあるということをイルガスカス自身が示さなければならないだろう。

J・イルガスカス ハイライト動画

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA