セルティックス レイジョン・ロンドのトレードについて「最優先事項ではない」

【スポンサーリンク】

レイジョン・ロンド

ケビン・ラブのトレードが成立したことにより、ボストン・セルティックスのレイジョン・ロンドに注目が集まり始めた。

過去2シーズン、トレードの噂が出続けているロンドは、膝の負傷から復帰した昨季は30試合に出場。平均11.7得点、9.8アシストを記録したものの、ここ3シーズンでみればいずれもワーストとなる数字だ。

来年の夏には無制限のFAとなるため、トレードの噂は尽きない。

だが、セルティックスはロンドのトレードをまだ考えていない模様。

情報筋によると、オールスター4度出場のロンドは最低でも2014-15シーズン前半はセルティックスでプレイするという。

シーズン前半でロンドのパフォーマンスを確認し、トレードの判断を下すようだが、ルーキーのマーカス・スマートに可能性を見出せば、来年2月のトレード期限までにロンドを放出する可能性はある。

シーズン前半でロンドが結果を残すことができれば、セルティックスはロンド中心のチーム作りをしていくことになるだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA