アンソニー・デイビスが18得点!チームUSAがスロベニアに大勝!!

【スポンサーリンク】

アンソニー・デイビス

日本時間27日に行われたチームUSA対スロベニア代表チームのエキシビションマッチは、序盤からリードを広げたチームUSAが101-71の30点差で貫禄の勝利を飾った。

チームUSAは12名中11名が得点を記録、うち6選手が二桁得点を記録するなど、順調な仕上がりを見せている。

試合後、マイク・シャシェスフキーHCは次のようにコメント。

「素晴らしい観客の前で、非常に良いチームと対戦することができた。チーム全体としては良かったね。まだ改善すべきところはあるけど、全体としては良かった」

このエキシビションマッチでは、ブラジル代表チームとのエキシビションマッチでも輝きを放ったアンソニー・デイビスが素晴らしいパフォーマンスを披露した。

18分34秒の出場時間で18得点、9リバウンド、3スティール、5ブロックショットを記録したデイビスは、チームUSAのインサイドに欠かせない選手になったと言えるだろう。
ターンオーバーがゼロという点も、見逃せない。

デイビスは試合後、
「ディフェンスについて確認した。どんなことでも常に情報を交換して、確認したんだ。パスを出したちょっとの間にも情報交換したし、こんな状況を作りたい。これからタフな戦いが待ってるからね」
とコメントした。

なお、デイビスのほか、ケネス・フェリードが14得点、8リバウンド、カイリー・アービングが13得点、3スティール、ルディ・ゲイとデリック・ローズがそれぞれ11得点、ステフェン・カリーが3ポイント2本を含む10得点、この日に25回目の誕生日を迎えたジェイムスハーデンが9得点、4アシストを記録している。

ただ、チームUSAはフリースローを改善(この試合では46本中29本の63.0%)しなければならないかもしれない。

ローズは、
「出だしはみんな固くなってて、フリースローを2、3本外してしまったね。でも、ゲームを支配できてたと思う。フリースローは簡単にアジャストできるから、そんなに気にしてないよ。ここに来てるみんなと一緒にハードにプレイするだけさ」
とコメント。

心配されている膝の状態については、
「大丈夫。集中して、みんなとプレイするだけ」
と話している。

チームUSAは、日本時間28日にスペインのビルバオへ出発する予定だ。
予選ラウンドが始まるまでにトレーニングを2回行い、日本時間31日の対フィンランド代表チームとの試合で2014年FIBAバスケットボール・ワールドカップデビューを飾る。

なお、FIBA主催のチャンピオンシップ大会が1950年にスタートして以来、アメリカ代表は4つの金メダル、3つの銀メダル、4つの銅メダルを獲得。
114-27という得点差の記録も持っている。

1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
スロベニア 18 17 19 17 71
アメリカ 24 24 33 20 101
スロベニアvsチームUSA ハイライト動画

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA