レイカーズ マイケル・ビーズリーを含む7選手のワークアウトを実施

【スポンサーリンク】

マイケル・ビーズリー

ロサンゼルス・レイカーズが、FAのマイケル・ビーズリーを含む7選手のワークアウトを実施したと報じられた。

ビーズリーは7月末にもレイカーズのワークアウトを受けており、これが2回目のチャレンジとなる。

ディフェンスに問題があるとされるビーズリーだが、スコアリング能力はNBAトップクラス。
2008年のドラフト2位指名でマイアミ・ヒート入りしたものの、素行の悪さなどもあり、その後はミネソタ・ティンバーウルブズ、フェニックス・サンズ、そしてヒートを渡り歩いている。

まだ25歳と若いだけに、素行の悪さやディフェンスなどは改善していくかもしれない。

だが、レイカーズのバイロン・スコットHCはディフェンスの強化を明言しているため、ビーズリーと契約するかどうかは微妙なところだ。

なお、レイカーズのワークアウトにはビーズリーの他、トニー・ダグラス、デクスター・ピットマン、グレッグ・スティームスマ、ボビー・ブラウン、マルコム・リー、ダニエル・オートン、ベン・ハンズブローが参加した。

ダグラスとブラウンはすでに中国のチームと契約しているが、ダグラスについてはNBAのチームと契約後3日以内なら、中国のチームとの契約を破棄できるようだ。

ちなみに、レイカーズはディフェンス力のあるビッグマンを求めており、現時点ではスティームスマが最有力と噂されている。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA