フリップ・サンダース「アンソニー・ベネットはローテーション入りする」

【スポンサーリンク】

アンソニー・ベネット

ケビン・ラブとのトレードでアンドリュー・ウィギンスと共にミネソタ・ティンバーウルブズへ移籍したアンソニー・ベネットは、ラスベガスで開催されたサマーリーグで上々のパフォーマンスを披露した。

ダイエットにも成功し、動きが良くなったベネットについて、ウルブズのフリップ・サンダースは次のように話している。

「ドラフト後に肩の手術を受けた。夏の間は練習できなかった。トレーニングキャンプにも参加できなかった。シーズン中には無呼吸症候群とも診断された」

「彼(ベネット)は、約11kgのダイエットに成功した。調子を取り戻すために必死にワークアウトしてるんだ。彼はNBAプレイヤーだよ。ローテーションには入るだろうね」

「(ケビン・)ガーネットが育ったように、(ステフォン・)マーブリーが育ったように、(ウォーリー・)ザービアックが育ったように、我々には常に師となる選手がいた。ガーネットにはサム・ミッチェルが、マーブリーにはテリー・ポーターがいたんだ。プロフェッショナルとしてどうあるべきか教えることのできる選手がね。タディアス・ヤングはそのような選手になるだろう。モー・ウィリアムスもそのような選手になるだろう」

ベネットとウィギンス、さらにはドラフトで獲得したザック・ラビーンら有望株を豊富に擁するウルブズだが、サンダースはこれら若手選手をじっくり育てていくつもりなのかもしれない。

ダイエットに成功し、体のキレを取り戻したベネットには特に期待したい。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA