マイケル・カーター・ウィリアムス 未だ5on5の練習に参加できず

【スポンサーリンク】

マイケル・カーター・ウィリアムス

今年5月、フィラデルフィア・セブンティシクサーズのマイケル・カーター・ウィリアムスは肩の手術を受けた。

手術は無事成功し、順調に回復へ向かっているというが、未だ5on5の練習には参加できていないという。

シクサーズのゼネラルマネージャーを務めるサム・ヒンキーが、ウィリアムスの現在の状態についてコメントした。

「最近のフルレポートはまだ見てないし、検査結果もまだ見てない。でも、彼はショットを打ててるし、ハードに動いてるよ。フルコンタクトの5on5にはまだ参加できてないけどね」

昨季のルーキー・オブ・ザ・イヤーを受賞したウィリアムスには、まだリハビリの時間が残されている。

ただ、シクサーズではナーレンズ・ノエルが怪我で昨季を全休し、今年のドラフトで獲得したジョエル・エンビードも復帰目処が立っていない。

もしこれにウィリアムスが加わるとなると、シクサーズはルーキーにとって鬼門となりそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA