コービー・ブライアントがトレードの噂を否定「俺はレイカー」

【スポンサーリンク】

コービー・ブライアント

コービー・ブライアントが復帰したロサンゼルス・レイカーズは開幕3連敗、ウェスタン・カンファレンスで唯一勝ち星をあげていない。

ブライアントは4試合で平均24.8得点、4.3リバウンド、3.3アシスト、1.8スティール、FG成功率41.2%と予想を覆すハイパフォーマンスを見せているが、チームが勝利していないのは事実だ。

もちろん、ジュリアス・ランドルやニック・ヤングらが負傷離脱しているのも大きな要因といえるだろう。

だが、チームが勝利していないせいか、ブライアントの周辺ではトレードの噂がささやかれている。

ニックスへのトレードも噂されている中、ブライアントがこのトレードの噂を一蹴した。Yahoo Sportsがブライアントのコメントを伝えている。

 

「俺はレイカーズに忠実。チームをできるだけベストな状態に持っていくのは俺の責任なんだ」

「シーズンは本当に長い。最後まで踏みとどまらないとね。改善し、良くなっていくのを見ててくれ。今の状況を打破するから」

「ここ(レイカーズ)では多くの素晴らしい成功を楽しんできたんだ。レイカーズを出ることは考えてすらないよ。俺はレイカーだからね」

仮にレイカーズがブライアントのトレードを打診したとしても、ブライアントにはトレード拒否権がある。

レイカーズで多くの成功を収めてきたブライアントが他チームへ移籍する可能性は限りなく低いとみて良いだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA