5連敗中のウルブズ ニコラ・ペコビッチが右手首捻挫で1週間の離脱

【スポンサーリンク】

ニコラ・ペコビッチ

ミネソタ・ティンバーウルブズのセンター、ニコラ・ペコビッチが、日本時間16日に行われた対ダラス・マーベリックス戦で右手首を捻挫し、少なくとも1週間は離脱する模様。ウルブズのフリップ・ソーンダースHCが伝えている。

ペコビッチは日本時間27日に予定している対ミルウォーキー・バックス戦での復帰を計画しているとのことだ。

また、母が他界したタディアス・ヤングも、今後3試合を欠場する予定となっている。

現在5連敗を喫しているウルブズは、リッキー・ルビオが離脱してから勝利をあげていない。

ルビオが離脱した4試合ではいずれも2桁点差以上、日本時間15日の対ニューオーリンズ・ペリカンズ戦では48点差で敗れている。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA