モー・ウィリアムス 負傷離脱中のリッキー・ルビオ復帰まで先発定着か?

【スポンサーリンク】

モー・ウィリアムス

リッキー・ルビオが負傷離脱して以来、ミネソタ・ティンバーウルブズはルーキーのザック・ラビーンに先発ポイントガードを任せていた。

だが、ルビオが負傷した対オーランド・マジック戦に敗れると、ラビーン先発後の4試合ですべて敗れてしまい、チームは5連敗。
日本時間16日に行われた対ダラス・マーベリックス戦で、ラビーンは5ターンオーバーと精彩を欠き、ウルブズは大敗を喫してしまった。

これを受けてか、日本時間20日の対ニューヨーク・ニックス戦で、ウルブズのフリップ・ソーンダースHCはラビーンに代わってベテランのモー・ウィリアムスを先発ポイントガードに起用。
これが功を奏したのか、ウィリアムスは14得点、13アシストを記録し、チームも16点差で快勝し、その後も先発を任されている。

骨折で離脱中のケビン・マーティンはウィリアムスの先発出場について、次のようにコメント。rotoworld.comが伝えている。

 

「大きく違う。モーがコートにいると、俺を走らせてくれるんだ。彼はベテランポイントガード。ツボを知ってるんだよ」

また、ソーンダースHCもウィリアムスと同じく、「まったく違う」と話し、ルビオが復帰するまでウィリアムスを先発起用する構想を明かしている。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA