レイカーズにディスエイブルド・プレイヤー条項が適用

【スポンサーリンク】

スティーブ・ナッシュ

ロサンゼルス・レイカーズのスティーブ・ナッシュは、背中の神経痛で今季全休となった。

これを受け、ナッシュに対するディスエイブルド・プレイヤー条項(485万ドル)が適用。
レイカーズは日本時間3月11までにFA選手1人と契約、もしくは契約最終年の選手をトレードに出すことが可能となる。

レイカーズではルーキーのジュリアス・ランドルが骨折、ザビエル・ヘンリーがアキレス腱断裂でシーズン絶望、またライアン・ケリーはハムストリングの負傷で最低でもあと4週間は離脱。

現在、レイカーズのロスターには上限の15選手が登録されているが、もしFA選手を加えるのであれば、少なくとも1人をウェイブしなければならない。

ただし、4選手以上が負傷などで2週間以上離脱する場合に適用されるハードシップ例外条項が認められれば、選手をウェイブすることなく16人目の選手をロスターに加えることができる。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA