Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

コービー・ブライアント キャリアでベストのトラッシュトーカーを挙げる

【PR】

コービー・ブライアント

若干19歳でNBAデビューを果たし、NBAチャンピオンに5回、シーズンMVPに1回、ファイナルMVPに2回、オールスターMVPに4回選ばれるなど、輝かしいキャリアを送ってきたコービー・ブライアントだが、そのキャリアの中ではさまざまなトラッシュトーカーと対戦してきた。

トラッシュトーカーと言えばレジー・ミラーが有名だが、lakers.comの記者がブライアントにキャリアベストのトラッシュトーカーを挙げるよう質問したところ、ブライアントはミラー、ケビン・ガーネット、ゲイリー・ペイトン、スコッティ・ピッペンの4選手を挙げたという。

ミラー、ガーネット、ペイトンの3人は有名なトラッシュトーカーだが、ピッペンの名が挙がるとは意外だ。

1997年に行われたシカゴ・ブルズ対ユタ・ジャズのNBAファイナル第1戦で、ピッペンはジャズのカール・マローンに対し、
「メイルマン(マローンの愛称)は日曜日には配達しない」
と挑発していた。

この試合は日曜日に開催され、ブルズが84-82で勝利している。

そのピッペンがブライアントにどんなトラッシュトークを仕掛けたのか知りたいところだが、
「君がマイケル・ジョーダンを超えることはない」
とでも言ったのだろうか?

ピッペンのトラッシュトークは、ブライアントの頭の中に強烈に残っているのかもしれない。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By kobe24

    ピッペンはトラッシュトーカーのイメージなかったですね(・ω・)ノピッペンはジョーダンと長くプレーしてたのでもしかしたらコービーがジョーダンに似た何かを感じたから会えてブライアントにトラッシュトークをしたとレイカーズファン&コービーファンである私は妄想します(笑)(・ω・)ノ

    • By nba-sweetdays

      コメントありがとうございます(^_^)

      当時のコービーはまさにブラックマンバでしたので、ピッペンも脅威を感じたのかもしれませんね。

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】