【スポンサーリンク】

レブロン・ジェイムスとカイリー・アービング “I Can’t Breathe”シャツ着用で登場

レブロン・ジェイムス&カイリー・アービング

シカゴ・ブルズのデリック・ローズが試合前に着用していたことで話題となった“I Can’t Breathe”シャツを、クリーヴランド・キャバリアーズのレブロン・ジェイムスとカイリー・アービングも着用した。

“I Can’t Breathe”シャツは、違法タバコ販売の疑いをかけられていた男性が警察官に首を絞められた際に口にした言葉「I Can’t Breathe(息ができない)」をあしらったもの。

男性は窒息死したが、首を絞めた警察官に罪はないとの判決が下ったため、アメリカ国内では大勢の人が抗議活動を行っている。

ローズが“I Can’t Breathe”シャツを着用していたことを知ったジェイムスは、「あのTシャツが欲しい」、「次の試合のウォーミングアップの時に着るかも」と話していた。

日本時間9日に行われたクリーヴランド・キャバリアーズ対ブルックリン・ネッツ戦のウォーミングアップ時、ネッツのケビン・ガーネット、デロン・ウィリアムス、ジャレット・ジャック、アラン・アンダーソンも“I Can’t Breathe”シャツを着用。

この動きはNBAでも今後さらに広まると見られている。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA