【スポンサーリンク】

ブレイザーズのロビン・ロペス 手の骨折で長期離脱へ

ロビン・ロペス

日本時間16日に行われた対サンアントニオ・スパーズ戦で、ポートランド・トレイルブレイザーズのロビン・ロペスが右手を骨折した。

右手のどの部位を骨折したのかは明らかになっていないが、2箇所を骨折した可能性がある模様。

もし指や掌部の骨折であれば手術を受けるケースも考えられ、4~6週間の離脱になる可能性が高い。

右手を骨折したロペスは、ロッカールームで右手を固定。
明日にも検査を受ける予定となっている。

ロペスはこの試合で19分25秒出場し、4得点、5リバウンドを記録。
今季は24試合に出場し、平均9.8得点、7.3リバウンド、1.3アシスト、1.5ブロックショット、FG成功率51.8%、フリースロー成功率79.5%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA