【スポンサーリンク】

ポール・ピアース レイジョン・ロンドのトレードを嘆く

ポール・ピアース

レイジョン・ロンドがダラス・マーベリックスへトレード移籍したことにより、ボストン・セルティックスには2007-08シーズンのタイトル獲得に貢献した選手がいなくなった。

現在、ポール・ピアースはワシントン・ウィザーズに、ケビン・ガーネットはブルックリン・ネッツに所属している。

そのピアースが、ロンドのトレードについて言及。washingtonpost.comがピアースのコメントを伝えている。

 

「最後の男がいなくなったね。ショックを受けたよ。だけど、彼はボストンで素晴らしい時を過ごしてきた。スター選手がチームにいるとき、その選手の周りに他のスター選手を加えることができなかったり、若手選手が揃っているのであれば、スター選手中心に再建するか、もしうはスター選手なしで再建しなきゃいけないんだ。セルティックスは彼(ロンド)の周りに必要なピースを見つけることができなかったんだろうね。彼らは前に進む決断をし、今いる若いピースで再建することにしたのさ」

ロンドのトレードというセルティックスの決断に一定の理解を示したものの、やはりセルティックスのユニフォームを着ていないロンドの姿を見るのは、ピアースにとって奇妙な感覚なのだろう。

なお、共にセルティックスを牽引してきたガーネットは、今季限りでの現役引退が噂されている。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA