【スポンサーリンク】

ブランドン・バス レイジョン・ロンドのトレードについて理解を示す

ブランドン・バス

レイジョン・ロンドのダラス・マーベリックスへのトレードは世間に驚きをもたらしたが、ボストン・セルティックスのブランドン・バスはロンドのトレードというチームの決断に理解を示しているようだ。

バスのコメントをESPNBoston.comが伝えている。

 

「俺の仕事は、今いる選手たちとプレイすること。それこそが俺がやってることなんだ。ロンドのトレードは悲しいよ。でも結局のところ、これはビジネスだからね」

「毎年、誰かがここから去っていく。そして、今いる選手たちと働かなきゃいけない。今いる選手たちと共に働き、ベストを尽くすんだ」

ロンドのトレードにはかつてセルティックスでプレイしていたポール・ピアースや現セルティックスのエイブリー・ブラッドリーらが落胆のコメントを寄せているが、バスは早くも前を向いているようだ。

30歳のバスは昨季、82試合中73試合で先発し、平均27.6分の出場時間で11.1得点、5.7リバウンド、FG成功率48.6%を記録。
今季の平均出場時間は18.1分と、昨季より大幅に減少しており、8.9得点、3.6リバウンド、FG成功率48.1%にとどまっている。

なお、平均18.1分という出場時間は、バスがセルティックスに移籍した2011-12シーズン以降ワーストとなる数字だ。
昨季はトレードに噂もあがっていた。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA