【スポンサーリンク】

躍進のハッサン・ホワイトサイド「ヒートがチャンスをくれた」

ハッサン・ホワイトサイド

マイアミ・ヒートのセンター、ハッサン・ホワイトサイドが躍進している。

最近の試合では二桁得点を続けており、日本時間12日の対ロサンゼルス・クリッパーズ戦では、ブレイク・グリフィン、デアンドレ・ジョーダンというリーグ屈指のインサイドプレイヤーを相手にしながらも、23得点、16リバウンド、2ブロックショットと大活躍。

チームメイトやエリック・スポエストラHCもホワイトサイドに信頼を寄せつつあるようだ。

2010-11シーズンにサクラメント・キングスでNBAデビューを飾ったホワイトサイドは、翌シーズンまでキングスでプレイし、その後はNBAのチームと契約することができなかった。

夏に行われたサマーリーグではトロント・ラプターズの一員として、プレシーズンではメンフィス・グリズリーズの一員としてプレイ。
だが、契約を勝ち取ることができず、しばらくはDリーグでプレイした。

ヒートと契約してからというものの、ホワイトサイドは今やヒートのインサイドに欠かせない選手になったと言えるだろう。

そのホワイトサイドがヒートに対して感謝のコメントを伝えた模様。ホワイトサイドのコメントをmiamiherald.comが伝えている。

 

「契約なしにコートでプレイすることはできない。クリッパーズにワークアウトを申し込んだけど、彼らからの返事は“ノー”。他のチームにも問合わせたけど、“ノー”と言われたんだ。ヒートを除いてね。ヒートは俺にチャンスをくれたんだ。どの試合でも110%の努力をしていくよ」

25歳のホワイトサイドがさらに躍進し、ヒートの救世主となれるか注目されている。

なお、ホワイトサイドは2010年のドラフト2巡目でキングスから指名されていた。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By バッシュはアシックス派

    ヒートは後はバックコートだけだな!

    • By nba-sweetdays

      コメントありがとうございます(^_^)

      ネイピアの成長に少し期待してるのですが・・・
      とは言え、ウェイドの怪我はやっぱり痛いですよね(;_;)

*

CAPTCHA