【スポンサーリンク】

フィル・ジャクソン球団社長 間違いを認めるも前を向く

フィル・ジャクソン

フランチャイズワーストとなる16連敗を喫するなど、今季のニューヨーク・ニックスは破滅的な時間を過ごしている。

すでに今季は諦め、サミュエル・ダレンベアーを解雇、JR・スミスとイマン・シャンパートをトレードで放出するなど、来季へ向けて動き始めているニックスだが、フィル・ジャクソン球団社長が今季の失敗を認めた模様。ESPNNewYork.comがジャクソン球団社長のコメントを伝えている。

 

「明らかに、私の選手のチョイスは正しくなかった。付け焼刃だったしね。我々のロスターには保証された契約下にある選手たちがいた。でも、我々はより良くなっていくだろうし、ファンにはプレイオフ進出という望みをもたらせるかもしれない」

スミスとシャンパートをトレードで放出したことでキャップスペースが生まれ、今季終了後のニックスにはスーパースターを獲得できるだけの余裕がある。

とは言え、獲得した選手にトライアングルオフェンスを一から叩き込まなければならないため、ジャクソン球団社長の失敗は来季まで尾を引くこととなりそうだ。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By kobe24

    ハーフコートバスケでもっとも高度な連携を要するトライアングルオフェンス(・ω・)ノニックスに浸透するにはまだまだ時間が掛かりそうですね(・ω・)ノオールスター明けにカーメロは手術して全休するという噂もありますし本当に浸透するにはまだまだ時間が掛かりそうです(・ω・)ノしかし、シクサーズを越すほどボロボロになるとは…(・ω・)ノセルツ、ニックス、レイカーズの古豪がプレイオフに名を連ねないのはNBAファンにとっては物足りないですね…(・ω・)ノ

    • By nba-sweetdays

      コメントありがとうございます(^_^)

      ここ最近は無名の選手も起用しているほど苦しい状態ですよね・・・
      一昔のニックス対ブルズは異様に盛り上がったものですが(;_;)

*

CAPTCHA