肋骨負傷のデロン・ウィリアムス「まだかなり痛い」

【スポンサーリンク】

デロン・ウィリアムス

肋骨の負傷で離脱しているブルックリン・ネッツのポイントガード、デロン・ウィリアムスは、トレード候補にもあがっている。

だが、怪我が多いということと高額なサラリーが障害となり、どのチームもウィリアムス獲得には積極的に動いていない。

まずは肋骨負傷から復帰し、存在感を示すことが求められるウィリアムスだが、復帰時期についてはまったくの未定のようだ。ウィリアムスのコメントをThe New York Postが伝えている。

 

「(肋骨は)まだかなり痛いんだ。復帰時期についてはまだ分からない。一日一日を大切に過ごしていくよ」

「できることは本当に何もない。ただ休養するだけ。他にできることは何もないんだ」

クリス・ポールとリーグN0.1ポイントガードの座を争っていたかつてのスタープレイヤーも、ここ数年は怪我に苦しみ続け、輝きを失ってしまった。

今季は先発からも外れ、ネッツも積極的にトレードを試みているようだ。

ウィリアムスは今季、32試合に出場し、うち25試合で先発。
平均31.2分の出場時間で13.9得点、3.0リバウンド、6.3アシスト、1.0スティール、FG成功率39.6%、3P成功率38.9%を記録するも、平均得点はルーキーシーズンに次ぐ低い数字にとどまっている。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA