【スポンサーリンク】

ディオン・ウェイターズ トレード移籍のサンダーについて「ボールを触れる」

Dion Waiters

クリーヴランド・キャバリアーズではスコアラーとしてプレイしていたディオン・ウェイターズだが、レブロン・ジェイムスらが移籍してきた今季は期待されていたようなパフォーマンスを見せることができなかった。

そのウェイターズがオクラホマシティ・サンダーへトレードで移籍し、輝きを放ち始めているようだ。

気持ちよくプレイできているのか、ウェイターズがサンダーでのプレイについてコメント。The Oklahomanが伝えている。

 

「聞いてくれ。彼ら(サンダー)はボールを回してくれるんだ。良いね。ボールを触ることができる。本当に良い。ボールを触れるんだからね」

キャブスでプレイしていた今季はボールを待ちわびるシーンが度々目撃されていたが、攻めたい時にボールを回してもらえなかったことに不満を抱いていたのだろう。

だが、数字上ではキャブスでプレイしていた時のほうがボールを持っている時間が長い。

NBA.comによると、コートに立っている36分あたり、ウェイターズがボールを持っている時間はキャブスでは平均2分42秒、サンダーでは平均2分15秒となっているため、サンダーでプレイしている今のほうがボールを持っていないのは明らかだ。

とは言え、上記のようなコメントが出るということは、持ちたい時にボールを持てているのだろう。

今後はチームプレイに徹し、エゴが前面に出過ぎないことを祈りたい。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By kobe24

    サンダーの方が上手く彼を使えてると言うことですかね(・ω・)ノ

    • By nba-sweetdays

      コメントありがとうございます(^_^)

      サンダーでもボールを待ちわびるシーンが捉えられてました(^_^;)
      ただ、のびのびやってる感はありますよね!

*

CAPTCHA