トレード噂のパブロ・プリジオーニに複数のチームが関心か?

【スポンサーリンク】

パブロ・プリジオーニ

ニューヨーク・ニックスのポイントガード、パブロ・プリジオーニにトレードの噂が浮上している。

ESPNによると、プリジオーニのトレードにはデトロイト・ピストンズとロサンゼルス・クリッパーズが関心を示しているという。

特にピストンズは先発ポイントガードのブランドン・ジェニングスがアキレス腱を断裂し、今季全休となってしまったため、ポイントガードの補強を強く求めているようだ。

とは言え、プリジオーニは37歳という年齢もあり、将来を見越した補強とはならないだろう。

プリジオーニは2012-13シーズンからニックスでプレイし、今季は41試合の出場で平均4.8得点、2.5アシスト、1.2スティール、FG成功率42.9%、3P成功率37.8%を記録している。

なお、RealGMによると、ピストンズはロレンゾ・ブラウンとの契約も検討している模様。

ブラウンは昨季、フィラデルフィア・セブンティシクサーズで26試合に出場。
夏のトレーニングキャンプにはピストンズの一員として参加したものの、その後はDリーグのチームでプレイしている。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA