【スポンサーリンク】

サンダーのスコット・ブルックスHC ケンドリック・パーキンスをポイントガードで起用!?

ケンドリック・パーキンス

オクラホマシティ・サンダーでは、ラッセル・ウェストブルックとケビン・デュラントがオフェンスの大きな鍵となっている。

ウェストブルックについてはポイントガードというポジションでありながら、卓越したオフェンスで得点を量産しているわけだが、スコット・ブルックスHCはウェストブルックのポイントガードとしての負担を減らし、よりオフェンスに集中してもらいたいと考えているのかもしれない。

Bleacher Reportによると、ブルックスHCはチーム練習時、パーキンスをポイントガードのポジションで試しているという。

センターのパーキンスがポイントガードを務めるというのは異例中の異例だが、果たして実際の試合で実現するのだろうか?

とは言え、パーキンスにはセンターのポジションをしっかりとこなすことが求められるところだ。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 名無し

    誰も頼んでいないのに自分からPG役を買って出てデュラントに下手くそなパスをだしてアウトオブバウンズにすることで定評のあるパーキンスでは荷が勝ち過ぎていると思います
    デュラントがマジギレしているのに一人だけ涼しい顔をしているパークは流石だと思いましたが

    • By nba-sweetdays

      コメントありがとうございます(^_^)

      シャッキンフールに選ばれたやつですね(笑)
      グリフィンにまたパーキンスのうえからダンクを決めてもらって、目を覚ましてもらいたいところです(^_^;)

*

CAPTCHA