【スポンサーリンク】

ケンドリック・パーキンスがジャズとバイアウト合意 キャブスと契約へ

ケンドリック・パーキンス

トレードでユタ・ジャズへ移籍したケンドリック・パーキンスが、ジャズと契約バイアウトに合意したい模様。ジャズが公式ホームページで発表している。

バイアウト後のパーキンスにはボストン・セルティックス時代の恩師、ドック・リバースHC率いるロサンゼルス・クリッパーズが獲得に動くとされていたが、レブロン・ジェイムス率いるクリーヴランド・キャバリアーズと契約するようだ。

パーキンスはTwitterでキャブスとの契約について次のようにコメント。

 

「素晴らしい組織、キャブスに加わる機会を得ることができるなんて、天の恵みだ!偉大なるキング・ジェイムスと一緒にプレイするのが待ちきれないよ」

キャブスの先発センターは現在、デンバー・ナゲッツからトレードで獲得したティモフェイ・モズコフが務めている。

パーキンスはモズコフのバックアップとして起用され、セカンドユニットでセンターとしてプレイしていたトリスタン・トンプソンは、本来のポジションでプレイすることになるだろう。

なお、キャブスとの契約は日本時間24日に正式発表される見込みだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA