【スポンサーリンク】

マット・バーンズ レイカーズと再契約しなかった理由は「経営陣」

マット・バーンズ

2010-11から2011-12シーズンまでロサンゼルス・レイカーズでプレイしていたマット・バーンズは、レイカーズ残留を選択せず、ロサンゼルス・クリッパーズと契約した。

FA選手の獲得や選手との再契約にはコービー・ブライアントが障害になっているという噂もあるが、バーンズはこれを否定した模様。バーンズのコメントをSI.comが伝えている。

 

「みんながレイカーズに行きたくない理由は経営陣にあるんだ。コービーがスケープゴートにされてるけど、ハードにプレイすればコービーに気に入られる。単純明快なことさ。彼は声に出すタイプのリーダーじゃない。コービーは、コートに立ったら常にハードにプレイすることを選手たちに期待してるんだ。彼がそうしてるようにね」

再建プランをことごとく失敗しているレイカーズだが、このオフが最大の正念場となるのは間違いない。

チームを去った選手たちから批判されているレイカーズの経営陣には、これまで以上の奮起が求められる。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA