【スポンサーリンク】

JR・スミス フレイグラントファウル2で2試合の出場停止処分

JR・スミス

クリーヴランド・キャバリアーズのJR・スミスに、フライグラントファウル2による2試合の出場停止処分が下った。

これにより、スミスはプレイオフ・カンファレンスセミファイナルの第1戦と第2戦に出場できない。

日本時間28日に行われた対ボストン・セルティックス戦で、スミスはポジション争いをしていた際に右腕を振り回し、これがジェイ・クラウダーを直撃。

クラウダーは右膝の捻挫でその場に倒れこみ、スミスにはフレイグラントファウル2がコールされていた。

スミスの出場停止処分に加え、キャブスは左肩を脱臼したケビン・ラブもカンファレンスセミファイナル欠場濃厚となったため、キャブスは先発2選手を欠いた状態で少なくとも2試合を戦わなければならない。

同じくクラウダーに対してハードファウルを仕掛けたケンドリック・パーキンスのファウルもフレイグラントファウル2に引き上げられ、パーキンスには15000ドルの罰金処分が発表された。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By NBA

    あのインディアンがスクリーンアウトしてたスミスを後ろから激しく押していたのにオフェンスファールを取らなかった審判が悪い。

    • By nba-sweetdays

      コメントありがとうございます(^_^)

      あれくらいの当たりであればコールされないような気もしますが・・・

      ラブが脱臼したこともあって、キャブスの選手たちはハーフタイム中に「仕返ししてやろう」と誓ったという噂も出てるみたいです(^_^;)

*

CAPTCHA