【スポンサーリンク】

ドック・リバースHC シリーズ第5戦でのオフィシャルを批判

ドック・リバースHC

サンアントニオ・スパーズとのプレイオフ・ファーストラウンド第5戦は、ロサンゼルス・クリッパーズにとって悪夢のような試合になった。

スパーズに僅差で敗れたことにより、後がなくなったクリッパーズだが、ドック・リバースHCは第5戦でのオフィシャルに不満を感じているようだ。リバースHCのコメントをnbcsports.comが伝えている。

 

「不満はあまり言わない。今夜は我々に厳しいコールがいくつかあったと思う。冷酷なコールがね。ブレイク(・グリフィン)のトラベリング、マット(・バーンズ)のゴールテンディング。あれはゴールテンディングじゃなかったよ。プレイオフではひとつのポゼッションが重要になるんだ。JJ(・レディック)が退場になったファウルのコールは冷酷。JJは誰にも触ってなかったからね」

「それが我々が負けた理由じゃないけど、我々にとっては大きかったよ」

とは言え、時間を巻き戻すこともできなければ、試合の結果を覆すこともできない。

幸いにも第6戦まで時間がある。

クリッパーズは次戦での完全勝利へ向けて気持ちを切り替え、準備していかなければならないだろう。

なお、この批判により、リバースHCには25000ドルの罰金処分が下った。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By ブライアントノア

    ドク…去年もこんなことあったような…

    • By nba-sweetdays

      コメントありがとうございます(^_^)

      結構クリッパーズに多いような気が・・・

*

CAPTCHA