【スポンサーリンク】

マーク・ジャクソン ステファン・カリーをMVPに推さなかった理由を明かす

ステファン・カリー&マーク・ジャクソン

まだ今季のレギュラーシーズンMVPが決まっていない当時、昨年までゴールデンステイト・ウォリアーズのヘッドコーチを務めていたマーク・ジャクソンは、ウォリアーズのステファン・カリーではなく、ヒューストン・ロケッツのジェイムス・ハーデンをMVPに推していた。

当時のジャクソンは、ハーデンをMVPに推す理由を「彼自身の力でヒューストン・ロケッツというチームを今の位置まで押し上げたから」と説明。

これにカリーは「驚いた」と反応し、ジャクソンと確執があったと噂されていたアンドリュー・ボガットは「エイプリルフールだから」と一蹴していた。

結局、レギュラーシーズンMVPには大方の予想通りカリーが選出されたわけだが、ジャクソンがなぜハーデンを推していたのか、その理由を説明した模様。CSN Bay Areaがジャクソンのコメントを伝えている。

 

「私が彼(カリー)が立派じゃないとは言ってない。MVPに値しないとも言ってない。ただ、私は選ばなきゃいけなかったんだ」

「私は彼を愛してる。彼を誇りに思ってる。素晴らしいスピーチだったし、素晴らしい成果だよね。彼のベストだけを私は祈ってる」

もはや言い訳にしか聞こえない。

今季のウォリアーズはさまざまなフランチャイズ記録を更新したが、新たにチームを率いているスティーブ・カーHCに嫉妬していたのだろうか?

とはいえ、ハーデンも素晴らしい活躍を見せたという点においては異論ない。

ただ、素直にカリーを祝福するあたりは素晴らしい姿勢だと言えるだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA