【スポンサーリンク】

両足負傷のカイリー・アービング プレイ続行の是非をチームメイトに問う

カイリー・アービング

ボストン・セルティックスとのプレイオフ・ファーストラウンドでクリーヴランド・キャバリアーズのカイリー・アービングは右足首を負傷し、痛みに耐えながらプレイを続けている。

さらに右足首をかばいながらプレイし続けたせいか、左膝の炎症も発覚。

そのアービングがシカゴ・ブルズとのカンファレンスセミファイナル第4戦が始まる前、怪我を抱えたままプレイすべきかチームメイトに問いかけたという。

アービングの問いに対し、キャブスのイマン・シャンパートとトリスタン・トンプソンは次のようにコメント。cleveland.comが伝えた。

 

イマン・シャンパート:
「彼がプレイできるような状態であれば、いつだってコートに出て欲しい。今の俺らには勝利が必要だからね」

トリスタン・トンプソン:
「俺には聞けないってことを彼は分かってると思うよ。だって、俺は彼に『コートでのお前はベストプレイヤーのひとりなんだ。コートに出ろ。俺らにはお前が必要』ってもう伝えたからね」

ブルズとのカンファレンスファイナルでは高いパフォーマンスをなかなか発揮できていないアービングだが、キャブスのシリーズ突破に必要な人材であることは疑いない。

レブロン・ジェイムスが足首を捻りながらもプレイを続け、劇的な決勝ジャンパーを決めた姿を見て、アービングも胸に決意を秘めたことだろう。

なお、第5戦を前にして、アービングはこう決意を述べている。

 

「休むなんてできない。精神的にも休むことなんてできない。チームメイトたちが戦っている姿をベンチやロッカールームで座って見てるだけなんてできないよ」

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA