【スポンサーリンク】

ダーク・ノビツキー 2018年までの現役続行を宣言

ダーク・ノビツキー

ダラス・マーベリックスのダーク・ノビツキーは、6月で37歳になる。

昨年オフにマブスと3年2500万ドルの契約を結んだノビツキーだが、まだ引退は考えておらず、現在の契約を全うするつもりのようだ。ノビツキーのコメントをdallasnews.comが伝えた。

 

「今の契約を絶対に全うしたい。去年の夏、俺は3年契約にサインしたんだし、契約1年目が終わって引退するつもりはないよ。何か専念することがあれば、それに完璧に専念する。もう2年あるわけで、期待を持ってるんだ。プレイオフでもっと先に進みたい。今年はダメだったけどね。もっと先に進むために、ホームコートアドバンテージが欲しかった。だけど、俺らは十分じゃなかった。これから数年でどうなるのか見てみよう」

「引退は何回か考えた。でも気持ち良いことじゃなかった。82試合戦ってるんだから、少し傷つくことだってあるさ。だけど、俺はまだ戦うことが大好きなんだ。もっとレベルアップするためにジムでワークアウトをする。その過程も大好き。難しいと感じるのは、夏に自分のモチベーションを上げることかな。4~5週間は毎日ウェイトトレーニングをして、ランニングをして、シュート練習をする。朝起きるのが辛いときもあるよ」

1998-99シーズンにマブスでリーグデビューを果たしたノビツキーは、来季でNBAキャリア18シーズン目。

片足フェイダウェイショットはノビツキーの代名詞ともなり、多くの選手がテクニックのひとつとして取り入れている。

そのノビツキーのプレイを少なくともあと2年は見られるということは、ファンにとっては何とも嬉しいことだ。

なお、今季のノビツキーはレギュラーシーズン77試合に出場し、平均17.3得点、5.9リバウンド、FG成功率45.9%、3P成功率38.0%を記録した。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA