ケビン・ラブ ファイナル第1戦観戦でキャブス残留希望を再認識

【スポンサーリンク】

ケビン・ラブ

肩の負傷でプレイオフ全休となったクリーヴランド・キャバリアーズのケビン・ラブは、ゴールデンステイト・ウォリアーズとのファイナル第1戦をコートサイドで観戦した。

この夏にはFAになる可能性のあるラブだが、ファイナル第1戦でのチームの戦いを見て、キャブス残留の思いを強くした模様。ラブのコメントをESPNが伝えている。

 

「コートに出て、みんなを助けたい。俺がチームを助けられることはたくさんあるんだ。こんなに試合に出たいって思ったことなんて、これまで一度もないよ」

また、キャブスに残留したいか聞かれたラブは、こうコメントした。

 

「イエス。勝ちたい」

「(他チーム移籍の噂について)世界はそういうもの。みんな騒ぎ立てるし、嘘の話も出てくる。そして、みんなそれを信じ始める。そこから物語が変わり始めてしまうんだ。俺は自分の考えを変えてない。チームのみんなをサポートし続けていくし、シーズンが終わったらクリーヴランドと話すことにするよ」

「ここにいることが大好き。それを分かってもらわないとね。どこから誤解が生じたのか分からないけど、俺はこのチームが大好き。この組織が大好き。俺がここにいたいって思ってることを、彼らには心から理解してもらいたい。ここにいるのが楽しいんだ」

ラブの代わりに先発しているトリスタン・トンプソンが輝きを放っているため、ラブ自身も危機感を感じているのかもしれない。

残念ながらプレイオフという大舞台でラブのプレイを見ることはできなくなってしまったが、来季には期待したいところだ。

また、キャブスでのプレイ続行を希望するラブにとって、来季は勝負のシーズンともなるだろう。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By big man

    cavs来年勝負だな

    • By nba-sweetdays

      コメントありがとうございます(^_^)

      まだまだです!
      レブロンが鬼神化してます(^_^;)

*

CAPTCHA