アンドレイ・キリレンコ 現役引退を正式発表

【スポンサーリンク】

アンドレイ・キリレンコ

NBAキャリア13年のアンドレイ・キリレンコは、正式に現役引退を発表した。

先日にも現役引退報道が流れ、その直後に報道を否定していたキリレンコだが、今度は正式な引退発表となる。

現役引退について、キリレンコは次のようにコメント。Sportandoが伝えた。

 

「キャリアを終えることを決断した。これは私の最終決定だ。ロシアのバスケットボールを変えていきたいね」

2001-02シーズンにユタ・ジャズでリーグデビューを果たしたキリレンコは、その年のオール・ルーキー・ファーストチームに選ばれると、2004年にはオールスターに、2005-06シーズンにはオール・ディフェンシブ・ファーストチームに選出。

キャリア13年ではジャズ、ミネソタ・ティンバーウルブズ、ブルックリン・ネッツ、フィラデルフィア・セブンティシクサーズ(出場なし)に所属し、平均11.8得点、5.5リバウンド、2.7アシスト、1.4スティール、1.8ブロックショット、FG成功率47.4%、3P成功率31.0%、フリースロー成功率75.4%を記録した。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA