キャブス ジョー・ジョンソンのトレード獲得を検討か?

【スポンサーリンク】

レブロン・ジェイムスやトリスタン・トンプソンとの契約交渉を残しているクリーヴランド・キャバリアーズだが、ブルックリン・ネッツのジョー・ジョンソンをトレードで獲得する可能性がある模様。

ESPNによると、キャブスはブレンダン・ヘイウッドとのトレードでジョンソン獲得を計画しているという。

ジョンソンの来季の契約金額は2490万ドル、対するヘイウッドの来季の契約金額は1050万ドル(非保証)。

ジョンソンのスコアリング能力はキャブスにとって大きなオプションのひとつとなるかもしれないが、ヘイウッドのみのトレードでジョンソンを獲得するのは難しいだろう。

そこでトレード候補に挙がってきたのが、センターのアンダーソン・バレジャオだ。

また、キャブスはデイビッド・ウェストの獲得も狙っていると噂されており、そうなるとヘイウッド及びキャブス一筋のバレジャオを放出する可能性は高い。

ネッツでプレイした昨季、ジョンソンはレギュラーシーズン80試合に出場し、平均14.4得点、4.8リバウンド、3.7アシスト、FG成功率43.5%、3P成功率35.9%を記録。

プレイオフでは6試合に出場し、平均16.5得点、7.7リバウンド、4.8アシスト、1.2スティール、FG成功率36.2%、3P成功率29.3%を記録した。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA