デイビッド・ウェスト スパーズとベテランミニマム契約に合意

【スポンサーリンク】

FAフォワードのデイビッド・ウェストがサンアントニオ・スパーズとベテランミニマム契約に合意した模様。NBA.comの記者がTwitterで伝えている。

スパーズにとっては大きな補強と言えるだろう。

すでにカワイ・レナード、ダニー・グリーンと再契約に合意し、ティム・ダンカンとマヌ・ジノビリもスパーズで現役を続行する見込み。

さらにラマーカス・オルドリッジをロスターに加えているスパーズだが、ウェストの加入でベンチ層がより充実するのは間違いない。

また、ダンカンやオルドリッジの負担も軽減される。

昨季までインディアナ・ペイサーズでプレイしていたウェストは、チャンピオンリング獲得を狙えるチームでのプレイを求め、オプションを破棄。

FAとなったウェストにはクリーヴランド・キャバリアーズやダラス・マーベリックスなど複数のチームが興味を持っていると噂されていた。

なお、昨季のウェストはペイサーズで66試合に出場し、平均11.7得点、6.8リバウンド、3.4アシスト、FG成功率47.1%、フリースロー成功率73.9%を記録。

キャリア12年では平均15.5得点、7.2リバウンド、2.3アシスト、FG成功率47.1%、フリースロー成功率82.0%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA