ピストンズ アンドレ・ドラモンドと延長契約交渉か?

【スポンサーリンク】

レジー・ジャクソンと5年8000万ドルの契約を結んだことにより、今後のデトロイト・ピストンズはジャクソンとアンドレ・ドラモンド中心のチームになると見られている。

来季終了後には制限付きFAとなるドラモンドだが、スタン・バン・ガンディHCはドラモンドを長くピストンズにとどめておくため、すでに延長契約を考えているようだ。

the Detroit Newsによると、バン・ガンディHCは今後数週間以内にドラモンドと延長契約の交渉を行うと話したという。

延長契約の期限は日本時間11月1日までとなっているため、まだまだ交渉の時間は残されている。

だが、ピストンズはマックス契約を提示する見込みであり、おそらくドラモンドもこれに応じることになるだろう。

一方で、サンアントニオ・スパーズのカワイ・レナードのように、サラリーキャップに柔軟性を残すため、あと1年待ってから再契約する可能性も否定できない。

たとえ1年待ったとしても、ドラモンドは制限付きFAであるため、ピストンズはいかなるオファーにもマッチする可能性が高い。

今すぐ再契約を結ぶのか、それとも制限付きFAとなった後に再契約を結ぶのか、今後数週間で結果が出ることとなりそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA