ジョージ・カールHC デマーカス・カズンズとの関係修復に動く

【スポンサーリンク】

サクラメント・キングスのジョージ・カールHCとデマーカス・カズンズは不仲の関係にあると言われているが、その状態でレギュラーシーズン開幕を迎えるわけにもいかないだろう。

このオフにはレイジョン・ロンドやコスタ・クーフォス、マルコ・ベリネリ、ウィリー・コーリー・ステインらを加えたということもあり、チーム再興の兆しも見えてきた。

だが、チームを率いるカールHCと中心選手のカズンズは仲違いしていては意味がない。

それを重々理解しているカールHCが、カズンズとの関係修復に向けて動き始めたようだ。

nbcsports.comによると、カールHCはラスベガスで開催されているサマーリーグに姿を現したカズンズと握手し、軽く言葉を交わしたという。

とはいえ、これは関係修復へ向けた第一歩。カールHCはカズンズとの関係について次のようにコメントしている。

 

「我々が同じページに立つまでには多くの時間を要するだろうね。夏の話は夏のドラマ。私は(カズンズとの不仲報道は)誇張されて報道されてると思う。その多くは間違った報道なんだ。それに巻き込まれるつもりはないが、カズ(カズンズ)と私は共に働かなければならないし、そうなると思うよ。我々の選手全員が勝利に飢えてる。カズは我々のベストプレイヤー。最も優秀な男なのさ」

一時は噂されていたカズンズのトレードも、このオフに起こることはないだろう。

キングスの残す課題は、カールHCとカズンズの関係修復だ。

トレーニングキャンプが始まるまでに話し合いを重ね、万全の状態で来季開幕を迎えてもらいたい。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA