キングス 女性アシスタントコーチを雇用か?

【スポンサーリンク】

昨年夏、サンアントニオ・スパーズはベッキー・ハモンをアシスタントコーチとして雇用した。

女性がアシスタントコーチとしてフルタイムで働くのは、リーグ史上初のこと。

先日までラスベガスで開催されていたサマーリーグで、ハモンACはスパーズをヘッドコーチとして指揮し、チームを優勝に導いた。

グレッグ・ポポビッチHCからも高い評価を得ているハモンACだが、サクラメント・キングスも来季から女性のアシスタントコーチを雇用することになりそうだ。

Sacramento Beeによると、キングスのブラデ・ディバッツは来週、ナンシー・リーバーマンに対して正式にアシスタントコーチのオファーを出し、リーバーマンもこれを受け入れる予定だという。

殿堂入りしているリーバーマンは、WNBAに所属するデトロイト・ショック(現タルサ・ショック)でヘッドコーチを務め、Dリーグでもコーチ経験がある。

リーバーマンがフルタイムで雇用された場合、ハモンに続いて2人目のフルタイム女性アシスタントコーチが誕生する。

女性のさらなる社会進出が叫ばれる中、リーグにもその波がようやく訪れたようだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA