ニック・ヤング トレードの噂について「時々きつかった」

【スポンサーリンク】

大のロサンゼルス・レイカーズファンであることを公言し、“バスケットボールの神様”ことマイケル・ジョーダンよりコービー・ブライアントのほうが優れていると断言したニック・ヤングにとって、この夏は厳しい時間となった。

バイロン・スコットHCとの確執の噂が流れると、それに乗じるようにトレードの噂が浮上。

念願だったレイカーズでの契約を勝ち取り、ブライアントとチームメイトとして共にプレイすることが実現しただけに、ヤングはトレードの噂に一喜一憂したに違いない。

トレードの噂が世間を席巻していた当時を振り返り、ヤングは次のようにコメント。Los Angeles Timesが伝えている。

「(トレードの噂は)時々きつかった。ジムに行って、やることやって、すべてをシャットアウトしようとしてたんだ。楽しくあるためにね。何が起こるかなんて分からない。特にFAの時、たとえ噂だとしても名前が出たときは。パウ・ガソルのような気分だったよ」

当時のガソルには、マイク・ダントーニとの確執の噂があり、ガソルはその後にシカゴ・ブルズとの契約を決断。

ヤングの場合はトレードの噂だったが、ガソルと通じるものを感じていたのだろう。

ヤングの希望は叶い、来季もレイカーズでプレイできることとなった。

プライベートではイギー・アゼリアと婚約し、公私ともに充実しているヤング。

来季はこれまでの噂を吹き飛ばすほどのパフォーマンスを期待したい。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By ブライアントノア

    まだ4年契約の1年目でしかないですからね。トレードはないと信じてましたよ!
    来季は頑張ってほしい。
    そして長くレイカーでいてほしいです。

    • By nba-sweetdays

      コメントありがとうございます(^_^)

      そのためには結果ですよね!
      トレードの噂を覆すだけの結果を残して、彼女と結婚式を壮大に挙げてもらいたいです!

*

CAPTCHA