カール・アンソニー・タウンズ「チャンピオンになる方法をKGに教えてもらいたい」

【PR】

2015年のドラフト1位指名でミネソタ・ティンバーウルブズに入団したカール・アンソニー・タウンズは、ラスベガスで開催されたサマーリーグでルーキーらしからぬパフォーマンスを披露した。

現在のウルブズは再建中とはいえ、アンドリュー・ウィギンスとタウンズのドラフト1位コンビ、成長著しいシャバズ・ムハマド、ゴルグイ・ディエン、ザック・ラビーンら若手も豊富に揃っており、将来的には楽しみなチームのひとつだ。

また、大ベテランのケビン・ガーネットがチームにいるということは、若手選手の成長促進に繋がるだろう。

タウンズもガーネットから学び、タイトル獲得に貢献したい考えを持っているようだ。タウンズのコメントをCBS Sports Radioが伝えている。

「ケビン・ガーネットから引き出したい最も大きなことは、チャンピオンになる方法。彼はリングを持ってる。俺もキャリアでリングを手にしたい。できれば2個以上のリングをね。そうしたいし、まずはミネソタにそれをもたらしたいんだ」

ガーネットはサマーリーグに姿を現し、タウンズとワークアウトを共にしたという。

ガーネットもタウンズの将来性に期待し、チームにとって重要なオプションだと感じているのだろう。

ウルブズは2003-04シーズン以来プレイオフ進出を果たしていないだけに、タウンズには大きな期待が寄せられている。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By バッシュはアシックス派

    ウルブズは若手多いから頑張ってほしいなあ!

    • By nba-sweetdays

      コメントありがとうございます(^_^)

      タウンズのコメントを見て、将来的には他のチームに行きたいのかなと邪推してしまいました(^_^;)

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】

メールで購読