ナイキがカール・アンソニー・タウンズ&ディアンジェロ・ラッセルと契約

【スポンサーリンク】

アディダスがベテランのジェイムス・ハーデンに13年2億ドルの契約をオファーした一方で、トップシェアを誇るナイキは将来有望なミネソタ・ティンバーウルブズのカール・アンソニー・タウンズ、ロサンゼルス・レイカーズのディアンジェロ・ラッセルと契約した。

ナイキの広報ディレクターがTwitterで伝えている。

もしタウンズとラッセルがリーグを代表する選手に成長すれば、ナイキ人気はさらに高まるだろう。

一方、アディダスはマイアミ・ヒートのジャスティス・ウィンスロー、ワシントン・ウィザーズのケリー・オーブレと契約したことを発表。

現時点でリーグにおけるトップシェアはナイキ、それにステファン・カリーが契約しているアンダーアーマーが続いており、アディダスは業界第3位。

アディダスとNBAのアパレル契約は2017年をもって終了するが、シェア拡大のため、アディダスは選手個人との契約に力を入れていくことになるだろう。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 4 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    アディダスはアンダーアーマーに抜かれてたんですね
    最近では練習試合とかでアンダーアーマーのバッシュを履いてる人をチラホラみます

    • By nba-sweetdays

      コメントありがとうございます(^_^)

      自分の周りもアンダーアーマーが増えてきました。
      カリー効果ですね!

      私はアディダスですが(^_^;)

  2. By kobe24

    ダンジェロはNIKEか(・ω・)ノ個人的にはadidas派なのでadidasと契約をして欲しかったな(・ω・)ノまぁ、何にせよadidasであれNIKEであれダンジェロがレイカーズで成功してくれるのが一番の願いですけどね(・ω・)ノ

    • By nba-sweetdays

      コメントありがとうございます(^_^)

      開幕まであと約3カ月。
      とりあえずは誰が先発するのか楽しみです!

*

CAPTCHA