タナシス・アンテトクンポ ニックスと2年ミニマム契約へ

【スポンサーリンク】

ミルウォーキー・バックスに所属するギアニス・アンテトクンポの弟として知られるタナシス・アンテトクンポが、ニューヨーク・ニックスと2年ミニマムの契約を結ぶ模様。

部分的に保証された契約にサインするようだが、すでに契約を完了させたという情報も出ているようだ。

アンテトクンポとの契約により、ニックスのロスターには15選手が登録されることとなる。

ただし、ニックスがトレーニングキャンプに招聘する選手たちとのロスター争いは必死。

もしロスター争いを生き残れないようであれば、再びDリーグでのプレイを強いられるだろう。

2014年のドラフト全体51位でニックスから指名されたアンテトクンポは、ルーキーシーズンをデラウェア・87ersでプレイ。

昨季はウエストチェスター・ニックスでプレイし、47試合の出場で平均13.9得点、6.2リバウンド、1.7アシスト、1.7スティール、1.7ブロックショット、FG成功率45.9%、3P成功率23.2%を記録。

ラスベガスで開催されたサマーリーグではニックスのメンバーとして5試合に出場し、平均6.4得点、1.8リバウンド、1.2ブロックショット、FG成功率55.0%、3P成功率28.6%を記録した。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA