マット・バーンズ 股間を2度殴ったサージ・イバカについて「ただ汚いだけ」

【スポンサーリンク】

オクラホマシティ・サンダーのサージ・イバカとロサンゼルス・クリッパーズのブレイク・グリフィンは犬猿の仲にあると噂されている。

グリフィンに対して何度もハードファウルを仕掛け、時には乱闘まがいまで発展してしまうこともある両者だが、すでにクリッパーズを離れたマット・バーンズがイバカを批判。バーンズのコメントをocregister.comの記者が伝えた。

「彼(イバカ)はただ汚いだけ。2回もブレイクの股間を殴ったからね」



イバカとグリフィンの間に割って入ったこともあるバーンズ。

来季はメンフィス・グリズリーズでプレイすることとなるが、クリッパーズ対サンダーの試合だけでなく、グリズリーズ対サンダーの試合でもひと波乱がみられるかもしれない。

なお、イバカは以前「マット・バーンズはただの道化。アイツのケツを蹴り続けてやるぜ」とコメントしていた。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA