キャリア16年のエルトン・ブランド 現役引退を表明

【スポンサーリンク】

キャリア16年のベテランフォワード、エルトン・ブランドが現役引退を表明した。

引退に際し、ブランドは次のような声明を発表。The Examinerが伝えている。

「もし俺を招集してくれるなら、まだやれるだろうね。だけど、俺のランは終わりのように思える。今は家族のための時間だ」

1999年のドラフト1位指名でシカゴ・ブルズに入団したブランドは、キャリア16年でブルズの他、ロサンゼルス・クリッパーズ、フィラデルフィア・セブンティシクサーズ、ダラス・マーベリックス、アトランタ・ホークスでプレイし、通算1041試合の出場で16.1得点、8.6リバウンド、2.1アシスト、1.7ブロックショット、FG成功率50.1%、フリースロー成功率73.6%を記録。

1999-00シーズンにはルーキー・オブ・ザ・イヤーに輝くと、2002年と2006年にはオールスターに選出された。

昨季はホークスでレギュラーシーズン36試合に出場し、平均13.5分のプレイで2.7得点、2.8リバウンド、FG成功率44.2%を記録。
いずれもキャリアワーストの数字にとどまり、プレイオフでは3試合の出場のみに終わっていた。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA